玉井式 真のグローバルキッズを育てる TAMAISHIKI

AIと共存する未来で
活躍するための
5つのMUST

12才までは守っておきたい

玉井式が提言する
5つのMUST」

MUST 1

MUST1

睡眠不足は子どもの成長の大敵!
学習の効果を最大限に高めるために
睡眠時間をしっかり確保してあげてください

どんなに良い教材や良い先生から学んでいても、睡眠不足では元も子もありません。子どもたちは成長期真っ盛り。夜9時ごろには就寝し、9時間〜10時間の十分な睡眠時間がとれるようにサポートしてあげましょう。寝る前のテレビやゲームは睡眠の質を下げてしまうので気をつけて。

MUST 2

MUST2

努力することを好きになるために!
結果ではなく、やったことを褒めて
自己効力感を育んであげてください

小さいときから「自分ならできる」とセルフイメージを高めてあげることが大切。そのためにも結果ではなく努力したことを褒めて、子どもの自信を育ててあげましょう。「間違っている」「こんなのダメ」など否定するような言葉は絶対に禁句。内容にかかわらず「努力した」という事実をほめてください。

MUST 3

MUST3

コミュニケーションにも必要不可欠!
言葉の意味を正しく理解するために
イメージングカを伸ばしてあげてください

言葉から状況を頭の中でイメージ化する「イメージング力」は、玉井式の教材だけでなく日々の暮らしからも養うことができます。たとえば割り算なら「分ける」というイメージが必要です。日常的におかしを分けさせるなどして、数の構成や分数・割合の感覚を理解させてあげましょう。

MUST 4

MUST4

時間の管理能力にもつながる!
見えないものをイメージするために
空間認識能力を高めてあげてください

空間認識能力は「時」や「空間」を理解するために必要な力ですが、目に見えないためにイメージしづらいものです。そこで普段から「◯分後、◯分間」「30分後」「4時10分前になったら教えてね」など時間に関する言葉を意識して使ったり、平面だけでなく立体図形の問題に取り組むなど、子どもの空間認識能力を伸ばしてあげましょう。


MUST 5

MUST5

小さいときからの習慣が大切!
グローバルキッズになるために
常に世界を意識させてあげてください

グローバル化が進む今の時代において、小さいうちから世界を意識することが大切です。TVのニュースなどで海外の国が話題になったら、話を掘り下げていってください。また、玉井式では世界中の子どもたちが参加する実力テスト『極チャレンジ』を毎月1回実施しています。テスト結果は得点順に50位まで国と名前が発表されるため、世界を意識するファーストステップになっています。

ご家庭でも実践!
⼀読したい玉井式の教育メソッド

玉井式の生みの親、玉井満代の著書には
「イメージング力」を育てる玉井式ならではの実践的教育情報が満載!
ご家庭での教育に大いに役立ちます。

10,000部突破!学力不足でお悩みの親御さんに

玉井式 9歳までに国語と算数の力を同時に伸ばす本

玉井式 9歳までに
国語と算数の力を同時に伸ばす本

子どものやる気の引き出し方から、お手伝いで算数力を高める方法まで!

英語教育でお悩みの親御さんに

英語を話せない親がグローバル社会にわが子を送り出す方法

英語を話せない親が
グローバル社会にわが子を送り出す方法

保護者がすべきことから、グローバルキッズに育てるポイントがわかる!

世界の子ども達のために玉井式は教育で社会貢献!ミャンマーでの取り組み

STORY 01そろばん袋で救う子どもたちの未来
ハムシー村への制作依頼で社会支援

in HAMUSHI Village

ミャンマーではいまだ貧困家庭の子どもたちがタイとの国境付近で売られていくという現状が存在します。このような現状を改善するためには、⼀時的な援助ではなく、継続的な収入源となる仕事を提供することが必要です。玉井式では社会貢献の⼀環として、ミャンマーのハムシー村パオ族のみなさんにそろばん袋の制作をお願いしています。パオ族の伝統的な布から手作りで制作しているそろばん袋は、まだ年間約500袋の制作数ですが、仕事が少ないハムシー村パオ族にとって貴重な収入源となっています。

ミャンマーの小さな村に継続的な収入を!ミャンマー ハムシー村

世界で一つのそろばん袋が日本人に教えることそれは勉強できる幸せです

世界でも安全で豊かな国、日本。日本人として生まれて育つと「子どもが物乞いをしている」などと聞いても教科書の中のお話に感じてしまうかもしれません。しかしミャンマーでは貧困のために人身売買が行われているのが現実です。パオ族が作ったそろばん袋はそんな世界の現状を物語るとともに、日本の子どもたちに勉強ができる幸せを伝えています。

ひとつひとつ手作りで

STORY 02教材メーカーだからこそできる教育支援パオ族の子どもたちの教育を
ICT教材で支援

in HAMUSHI Village

玉井式は『保育園を寄贈して、教育を継続的に寄付する取組み』として、2018年3月ミャンマーのシャン州にあるサティ村に保育園を建設し寄贈しました。そして将来サティ村の子どもたちが就職するときに有利になるように、保育園では玉井式ICT教材『Eeそろばん®』での無償支援も行い、先生たちへの研修も実施して、より良い教育の継続的支援を行っています。ICT教材メーカーだからこそできる教育での支援で、導入塾各社さまと共に、これからも社会貢献を続けてまいります。

ICT教材なら可能になる!世界中の子どもたちが教育を受けられる世の中になるよう玉井式は社会支援し続けます!

パオ族の子どもたちにとって勉強はご褒美!