玉井式国語的理科教室玉井式
国語的理科教室®

玉井式国語的理科教室®では

知識を覚える理科ではなく

なぜ?を考え、
答えを『書いて』
表現する理科

学びます。

暗記ばかりでは身にならない!

「覚える」暗記型の勉強法では、
自分で「考えて表現する」力は身につきません。

人は何かを考えるとき、「おや?」と疑問からスタートし、「どれどれ?」と考える時間が長ければ長いほど、答えにたどり着いたときに「なるほど」と感動が大きくなり、知恵として身につきます。しかし理科の教材の多くは答えを覚える暗記形式であり、考える時間を節約しているため、考える力が育たないばかりか、やがて答えすらも忘れてしまうのです。

暗記ばかりでは身にならない!

自分で考えることで頭の中に新しい答えの回路ができる!

だから

玉井式国語的理科教室®は
自分で考え、
答えを『書いて』表現する力を
育てます。

「おや?」「どれどれ?」「なるほど」と考えて学んだことは記憶として残り、頭の中に新しい考えの回路ができます。問題の内容を理解し、頭の中でイメージ化して、論理的にものごとを考え、それを書いて表現することができるようになる。それが国語的理科の特徴です。

自分で考えることで頭の中に新しい答えの回路ができる!

3つが揃ってはじめて書いて表現する力が育ちます。

答えを書いて表現するのに必要なのが

1 ものごとを頭の中でイメージ化する「イメージング力」
2 ものごとを論理的に考える「思考力」
3 自分の考えを書いて表現し、
伝える「記述表現力」

「答えはなんだろう」と考えるためには、まず問題の内容を理解し、頭の中でイメージしなければなりません。ここで必要なのが「イメージング力」です。そして自分の考えを頭の中で整理しながら論理的に組み立てていく「思考力」で、しっかりと考えをまとめていきます。最後にそれを書いて表現することで、『記述表現力』を育みます。 玉井式国語的理科教室®は、この3つの力が自然に身につくように開発された、小学校4年生から6年生までを対象の理科教材です。自分の頭で考えるトレーニングを無理なく積み重ねながら、書いて表現する力をぐんぐん伸ばすメソッドです。

3つが揃ってはじめて書いて表現する力が育ちます。

ICTと本のテキストにハイブリッドで!
玉井式の『見て・聞いて・読んで・書く』
実践的学習システム

「覚える」のではなく「考える」ために!イメージング力、思考力、国語力を鍛える記述式に特化したテキスト教材

「覚える」のではなく「考える」ために!イメージング力、思考力、国語力を鍛える記述式に特化したテキスト教材

玉井式国語的理科教室®の最大の特長は、設問のほとんどが答えを文章で書かなくてはならない「記述式」に特化していることです。記述式では文章による表現力が問われるので、問題を理解し、内容をイメージ化して、論理的な答えをわかりやすく書くための「イメージング力」「思考力」「記述表現力」が必要です。ヒントのあるやさしい問題から始まり、難しい記述問題まで徐々に難易度を上げていくことにより、この3つの力を自然と育てていくことができます。

ほとんどの問題が記述式

「どれどれ?」と考える時間を持たせて答えを発見するトレーニングを積み重ねる予習先行型の反転授業カリキュラム

「どれどれ?」と考える時間を持たせて答えを発見するトレーニングを積み重ねる予習先行型の反転授業カリキュラム

玉井式国語的理科教室®では、ご家庭で映像教材とテキスト教材で予習を行ってから授業で学ぶ、「反転式授業」のカリキュラムを採用しています。わかりやすい実写映像と、ICT技術を活用したアニメーション映像を組み合わせたオリジナル教材で、集中力を切らすことなく何度でも楽しく学ぶことができます。授業前に予習を行うことによって、自分の頭で考えるトレーニングができるため、考える習慣が身につきます。また自ら学ぶことにより答えを発見することで、「なるほど」という感動がよりおおきくなり、学習することへの意欲と自信を持たせます。

ご家庭 授業 映像を見てポイントを予習記述問題 映像をみせない!

ご家庭での学習の流れ

  • STEP1映像を見る

  • STEP2要点のまとめ

  • STEP3基本の確認

授業での学習の流れ

  • STEP1塾では初めから
    答え合わせ

  • STEP25分で解答

  • STEP3じっくり考える

ディスカッションで色々な考え方を学ぶ!討論しながら「聞く・話す」技能を伸ばす表現力が養えるアクティブ・ラーニング

ディスカッションで色々な考え方を学ぶ!討論しながら「聞く・話す」技能を伸ばす表現力が養えるアクティブ・ラーニング

授業では各生徒が書いた記述設問の答えを発表し合い、お互いの考えをディスカッションで話し合います。子どもたちは「聞く・話す」を自然と身につけることができるうえ、他の生徒の考え方を知ることで、「ああ、なるほど、そういう考え方があったのか」と新しい考えの回路ができます。自分の考えを表現する力は、他の人の考えを聞くことでも磨かれていきます。議論し合いながら「おや?」「どれどれ?」「なるほど」を繰り返して、どんどん考え方を増やしていけば、表現力をブラッシュアップさせることができるのです。

日本語音声から英語音声へ切り替え!玉井式国語的理科教室では英語のリスニング力も学べます!

日本語音声から英語音声へ切り替え!玉井式国語的理科教室では英語のリスニング力も学べます!

玉井式国語的理科教室®の映像教材には、日本語音声と英語音声を切り替える機能が搭載されており、小学生向けの英語で理科を学ぶことができます。日本語音声で各単元を学習し終えたら、英語音声に切り替えて、聞き取り練習を行います。ヒアリングの絶対量を増やすことで、リスニング力を鍛えることができます。すべての英語音声を聞き取ることは難しいかもしれませんが、一度日本語で学習した単元なので、内容を理解することができますし、何度も繰り返すことで英語の聞き取り能力を伸ばせます。


「英語」音声に切り替えて聞き取り練習もできます!

玉井式国語的理科教室®の
よくある質問

『玉井式 国語的理科教室®』はどこで学習できますか?
最寄りの学習塾や小学校、学童、幼稚園にお問い合わせください。取扱い団体については『全国の導入団体一覧』(※準備中)をご確認ください。